House-Adviser

コストを削減したいなら中古一戸建てを検討しよう

人口の多いベッドタウン

価格や立地条件

積み木の家

船橋市は、都内への交通網が発達していて、都心部に20分程度でアクセスできることから、ベッドタウンとして栄えています。
そのため船橋市の人口は多く、県内では県庁所在地に次いで第2位となっています。
しかしだからこそ住宅地としての需要が高く、その分地価も高めです。
そのことから船橋市では、比較的少ない費用負担で購入できる、中古一戸建てに高い人気があります。
具体的には、船橋市では新築の一戸建ては3500万円ほどが相場なのですが、中古一戸建てなら築10年以内の比較的新しい物件でも、2500万円ほどで購入できるのです。
しかも船橋市の中古一戸建ては、多くの場合は駅の周辺や国道付近など、交通アクセスの良い場所に建築されています。
逆に新築一戸建ては、立地条件の良い場所が中古一戸建てによって既に埋まっていることから、駅などから多少離れた場所に建築されることがほとんどです。
つまり中古一戸建ての方が、船橋市の最大のメリットと言える交通アクセスの良さを、堪能できるということです。
もちろん立地条件の良い場所には、商業施設が充実していたり、緑のある公園が多かったりというメリットもあります。
そのためこういった点を重視する人からも、中古一戸建てには高い需要があると言えます。
ただし船橋市は、海に面していることから、地震発生時には揺れやすく、液状化のリスクもやや高めとなっています。
そのため中古一戸建てを購入する際には、耐震性や地盤の強度を確認し、安全に過ごせる可能性がより高いところを選ぶことが大事です。

劣化状況をチェック

つみきの家

中古一戸建ては、価格だけで良し悪しを決められません。
安い物件であっても、作りがしっかりしていて住み心地が快適な物件も多数あります。
中古一戸建ては新築一戸建てと違って事前見学ができるので、なるべく多くの物件を見て回って自分の気に入る物件を探し出しましょう。
船橋市で中古一戸建てを探すときは、建物の劣化状況をチェックしましょう。
同じ築年数の物件であっても、構造が違っていると劣化具合も異なります。
また、前の住民がメンテナンスをこまめに行っていれば、築年数の古い物件であっても快適に暮らすことができます。
船橋市にある中古一戸建てを見学しに行くときは、室内を素足で歩いてみて床に凹みがないか確認してください。
ドアやサッシなど動かせるものは全て動かして、建物が曲がったり傾いていないかチェックしましょう。
建物の内部だけでなく外部を確認することも大事です。
外壁や基礎コンクリートなどに、ひび割れや異常な汚れがないかチェックしましょう。
問題がある箇所が見つかれば、専門的な検査が必要となります。
中古一戸建ては築年数だけで劣化具合がわからないので、専門的な調査をしてから購入するか判断しましょう。
劣化状況が軽く価格も安ければ、かなりお買い得な物件だと言えます。
船橋市には中古一戸建てが多数存在するので、お買い得な物件に出会える確率も高くなります。
日頃から船橋市の物件情報をこまめにチェックして、条件の良い物件を見逃さないようにしましょう。

アフターケアも重要です

室内

福山市で家をお考えの方、どこの建築会社で建てようか迷う所です。
そんな方にお勧めなのが、工務店です。
工務店の魅力は、何と言っても家を建てる技術力が高いことです。
木造住宅であれば、木の特性を最大限に生かした家作りをしてくれて、快適にすごせる間取りを提案してくれます。
工務店は、全国展開している大手から、地元密着型の中小企業まで様々な会社があるのですが、どの会社でも良いと言うわけではないです。
工務店選びのポイントについて書きます。
まず、一つ目のポイントは、自分の理想としている家と工務店が提案している家がマッチしているかどうかです。
家と言うのは、様々なバリエーションがあります。
木造住宅であったり、鉄筋住宅であったり、気密性が優れていたり、通気性が優れていたりと様々です。
福山市内にある工務店は、それぞれの会社で得意な技術分野があり、その分野に特化した家を提案してくれます。
その為、自分の理想と工務店の提案がマッチしている会社を選ぶ事が、大事なポイントになります。
そして、2番目のポイントはアフターケアが充実しているかどうかです。
家と言うのは、建てたら終わりではないです。
福山市内に建ててから、何十年と住み続けるのでアフターケア体制が充実しているかどうかが大事なポイントになります。
そのため、福山市内にあるそれぞれの工務店を比較していくとよいでしょう。
比較する際には、きちんと会社の情報を集めたり、見積もりを依頼するなどして内容を確認することが重要です。