House-Adviser

コストを削減したいなら中古一戸建てを検討しよう

中古住宅の特徴

新築にはないメリット

一軒家

船橋市には多くの中古一戸建て物件があるため、船橋市での家の購入に新築だけではなく中古一戸建ても検討するという方も少なくはないでしょう。
中古一戸建ての一番の特徴はやはりなんといっても新築よりも安い費用で家を持てるということでしょう。
船橋市の中古一戸建ては新築の三割から五割ほど安く購入することが出来るので、新築を購入する費用を持っていないという方でも家を持つことが出来ます。
そして、当然のことながら古くに建てられた建物ほど好立地にあるので、中古一戸建ては新築よりも暮らしやすい場所に家を持つことが出来ます。
船橋市でも人気の高い船橋駅周辺にも中古一戸建て物件が多くありますので、通勤や買物にかける時間を大きく節約することが可能です。
また、中古一戸建て物件はリノベーションを行うことが出来るので、築年数が三十年以上経過している物件でも新築となんら変わらない家に変更することが出来ます。
リノベーションは内装や設備の変更だけではなく、建物の構造上問題がなければ間取りも変えることが出来ます。
家族人数に合わせて部屋数を変更することも出来ますし、生活習慣に合わせて部屋を配置することも出来ます。
このように中古一戸建てには購入にあたりメリットとなる点がありますが、建物が古いことから大きな地震があった際建物が耐えられるかどうか心配だという方もいらっしゃるでしょう。
そうした地震に対して心配を持っている方は1981年6月以降に建設された建物を購入すると良いでしょう。
現在適用されている新耐震基準は1981年6月より施行されているものですので、この年月を参考に物件を選べば万が一大きな地震が発生しても建物が倒壊したりすることはないので安心して過ごすことが出来ます。
このように中古一戸建ては安い費用で購入出来ながらも新築にはないメリットを得ることが出来ます。

良質な中古物件を探そう

設計図

船橋市で良質な中古一戸建てを探し出すには、予備知識が不可欠です。
正しい知識を事前に兼ね備えておかないと、中古一戸建て選びに失敗して後悔することもあるので注意しましょう。
中古一戸建てだからといって油断は禁物です。
中古一戸建ては新築一戸建てに比べて安い価格で買えますが、それでも大きな買い物であることに違いはありません。
船橋市には様々な中古一戸建てが存在しますが、中には築年数が20年以上を超える物件も多数あるため、内装や土台が劣化している場合があります。
船橋市で中古一戸建てを買うときに気をつけたいのは、リフォームが事前に行われたかどうかという点です。
リフォーム済みの物件であれば、新たに追加資金を用意する必要がないので、中古一戸建てを安く購入できます。
ただし、中には欠陥を隠蔽して売りに出されている物件もあるので注意しましょう。
中古一戸建て選びに失敗したくないなら、現地に何度も足を運んでください。
現地に出かけてチェックすべきポイントは、土台と内装です。
特に土台は家を支える基礎部分なので、劣化が激しいと安心して長く暮らすことができません。
土台や内装に関する知識は素人ではわからない部分が多いので、船橋市で気になる物件が見つかったら、専門的な知識を持つ不動産会社や建築業者と一緒に出かけましょう。
物件調査や耐震調査に対応している業者であれば安心です。
事前に下調べを念入りに行えば、物件選びに失敗するリスクを防げます。

安全な一戸建てを建てる

間取り

一生住む一戸建てを建てるというのは、一筋縄ではいかないことです。
多額な資金はもちろんのこと、専門的な不動産の知識も必要です。
あとで後悔しないために、自分なりに勉強をして知識を身につけ、しっかりスケジュールを立てることが大切です。
福山市で土地から一戸建てを建てる場合は、まず工務店を探す必要があります。
福山市には、一戸建て建築を得意としている地元密着の工務店が沢山あります。
最初から一つに決めず、いくつかのか工務店に足を運んで相談してみるのがオススメです。
一戸建てを建てることになると、工務店とは長い付き合いになります。
そのため、どんな家を建てたいのか担当者にはっきり話してみて、信頼できそうな工務店を探すことが大切です。
すでに福山市で一戸建てを建てる土地が決まっているなら、工務店に地盤調査を依頼します。
地盤調査をするのは、工務店の専門的な知識を持ったスタッフです。
何代にも渡って長く安全に住む家を建てるためには、しっかりした地盤が必要です。
そのためには、詳細に地盤調査をして安全かどうか確かめる必要があります。
地盤調査したら、今度は福山市に一戸建てを建てるために具体的な資金プランを立てます。
金融機関に行けば、年齢、年収、ライフプラン、子育てなど様々なことを考えて、適切なプランを提示してくれます。
そして工務店が作った基本計画書、仕様書、見積もり書等を確認して納得したら、正式に工事請負契約を結びます。